絵金

1.画家紹介

文化9年(1812年)10月11日に高知市城下新市町の髪結いの子として生まれ、金蔵と命名される。文化・文政期(1804~1830年)の爛熟した町人文化はこの土佐にも伝えられ、 彼の生家である髪結い床にも、勇ましい武者絵や役者の似顔絵が張られていたと思われる。

幼少の頃から画才に秀でた金蔵は、城下に住むお城絵師・楊斎に師事し狩野派の画風を学び、頭角を現した。

文政12年(1829年)絵の師である楊斎の推薦により、藩主山内侯息女徳姫出符に際し 駕籠かきの名目で供に加えられて江戸に上る。そして、藩邸の特別のはからいにより 江戸城御絵師・駿河台狩野五世の宗家に入門が許された。

江戸で、通常10年と言われる修業期間を3年で免許皆伝に当たる一字拝領を受け、 天保3年(1832年)土佐に帰国。そして、廃絶していた藩医師の林家から家名を買い取り、林洞意美高と名乗り、武士に準ずる格式を持って、 家老桐間家のお抱え絵師にとりたてられた。

高知城下での彼の才能への嫉妬反感が強かったのか、程なく弘化1年(1844)頃、「偽絵事件」が持ち上がる。ことは、彼の元に出入りする画商が、彼が敬愛する先師(狩野探幽)の作を手本として描いた絵を無断で持ち出し 偽の署名落款を付け、高知城下の豪商に売りつけた事に始まる。かねてからの反感や中傷から偽絵かきという汚名での刑を言い渡され、 お抱え絵師の座をとかれ城下追放に処せられた。

高知城下を追放され、彼は放浪しながら紺屋・染め物屋の下絵・幟・凧などを描いて暮らしをつないでいたと思われる。 そして、おそらく上方にのぼり芝居者の中に入っていたのではないかと考えられる。
そして、流浪の果てに現在の高知県赤岡町の伯母の許に身を寄せたようだ。 彼が須留田八幡の宮芝居に対抗するように、夏祭りの宵の景物として描き始めたのが、 彼の芝居屏風絵の始まりだとされている。

芝居絵屏風は絵金が大成させた。一辺約2メートル弱の正方形の二曲一隻の屏風に、歌舞伎芝居(狂言)を描きだす。 今日伝わる土佐芝居絵屏風は約二百点に及び、土佐の東の赤岡から海岸沿いに西の須崎にまで及ぶ。これらの範囲は絵金が放浪したと伝えられる地域や弟子たちの所在地に相当する。
芝居絵屏風は絵看板ではなく、芝居小屋とは別に、寺社の祭礼と結びつく要素が強いもので、夏の祭礼とともにあり、現在もそのように伝わっている。また、赤岡町のように道に面した商家の軒先に、屏風の形式をそのまま活かして見せるものと、札場などのように辻に位置する場所に立てる形式が残っている。

絵金は明治六年(1873)頃中風を患い、左手で描いていたと言われ、明治九年(1876年)に没している。

絵金の作品としては芝居絵屏風はよく知られてはいるものの、偽絵事件のせいもあろうが、本図などはあまり知られていない。 本ページでは、少ないが本図、巻子、下書きを含む白描、を掲載する。

    注:赤岡町教育委員会発行 絵金読本 より。


2.作品

    絵金の作品を、以下のように分類して掲げる。
   2.1  芝居絵屏風        70点
   2.2  絵馬提灯          13点
   2.3  絵馬              9点
   2.4  本画             16点
   2.5  巻子              2点
   2.6  白描             36点
   2.7  笑い絵            7点
  
 何れの画像も、クリックすると、拡大します。  


 2.1 芝居絵屏風

土佐の芝居絵屏風はおよそ一間四方の二曲一隻屏風でる。 屏風とはいえ、いわゆる昔からある部屋に置く屏風ではなく、祭礼において右図のごとく、「台提灯」と云われる大型の台枠に障壁画のように嵌め込んで展示される。

なお、芝居絵屏風は、1.2 に示す絵馬提灯から派生してきたものと云われている。


浮世柄比翼稲妻
二幕目返し 鈴が森
花上野誉石碑
四段目 志度寺
蘆屋道満大内鑑
保名内 葛の葉子別れ
伊達競阿国戯場
累(土橋)
木下蔭狭間合戦
石川五右衛門 壬生村
伽羅先代萩
御殿
二月堂良弁杉
の由来
田村麿鈴鹿合戦
勢州阿漕浦 平次住家
源平布引滝
松波検校琵琶の段
鎌倉三代記
細川村閑居(三浦之助内の段)
播州皿屋敷
鉄山下屋敷
義経千本桜
すしやの段
蝶花形名歌島台
小坂部館
蝶花形名歌島台
小阪部館
菅原伝授手習鑑
寺子屋(よだれくり)
菅原伝授手習鑑
寺子屋の場
東山桜荘子
佐倉宗吾子別れ
楠昔噺
徳太夫住家の場
伊賀越道中双六
岡崎
競伊勢物語
はったい茶
忠臣二度目清書
寺岡切腹
八百屋お七
吉祥寺の場
東山櫻荘子
佐倉宗吾子別れ
関取千両幟

神霊矢口渡

双生隅田川
人買惣太自害
船弁慶

絵本太功記
杉の森とりで
蘆屋道満大内鑑
葛の葉子別れ
岸姫松轡鑑
三段目 朝比奈上使
玉藻前曦袂
道春館の段
小督

関取千両幟

伊達娘恋緋鹿子
櫓のお七
太平記忠臣講釈
七条河原惣嫁宿
東山桜荘子
佐倉宗吾
加賀見山旧錦絵
鶴ヶ岡八幡草履打ち
夏祭浪花鑑
団七九郎兵衛内 田島
伊賀越道中双六
岡崎
義経千本桜
すしや
近江源氏先陣館
盛綱首実検
妹背山婦女庭訓
御殿
渡雁恋王章(雁のたより)
三二五郎七
東山桜荘子
佐倉宗五郎拷問の場
釜渕双級巴
石川五右衛門 七条河原釜煎り
東山桜草子
佐倉宗吾子別れ
菅原伝授手習鑑
寺子屋
傾城阿波の鳴門
十郎兵衛内
木下蔭狭間合戦
石川五右衛門 壬生村
伊賀越道中双六
敵討の場
奥州安達原
二段目 文治住家
奥州安達原
四段目 一つ家
伊達競阿国戯場
かさね 土橋
仮名手本忠臣蔵
お軽勘平道行の場
仮名手本忠臣蔵
天川屋の場
仮名手本忠臣蔵
七段 一力茶屋の場 
神霊矢口渡
碁太平記白石噺
宮城野信夫
妹背山婦女庭訓
御殿
絵本太功記
二段 本能寺の変
蝶花形名歌島台
小坂部館
奥州安達原
袖萩祭文
ひらかな盛衰記
逆櫓
絵本太功記
太一
(題名不詳)

絵本太功記
十段目 尼ケ崎閑居
碁太平記白石噺
宮城野信夫
鐘もろとも恨鮫鞘
お妻殺しの場
(題名不詳)

仮名手本忠臣蔵
大序


 2.2 絵馬提灯

絵馬提灯は、祭礼において右図のごとく長方形の箱型に蝋燭を灯し、和紙面に描かれた画面を見る型式をいう。 この「絵馬台」に枠張りした芝居絵は、多くは一芝居をつづきものとして展示された。
しかし、絵馬提灯は祭礼が終わると焼かれる消耗品であったため、残されているものは、極くめづらしい。


図太平記実録代忠臣蔵
(12点組)
1.大序
2.松切りの場
3.足利館裏門の場
4.判官切腹の場
5.山崎街道二つ玉の場
6.お軽身売りの場
7.勘平切腹の場
8.一力茶屋の場
9.山科閑居の場一
10.山科閑居の場二
11.天河屋の場
12.高家討入りの場


 

関取二代勝負付 
秋津島内の場


 

 2.3 絵馬


太閤記 
尼ケ崎合戦図
神馬図
小舎人五郎丸、
曽我五郎の図
曽我夜討図
羽柴秀吉、
佐久間盛政の図
宝袋図
賤ケ嶽図
八艘飛び図
羅生門図


 2.4 本画


絵金の洞意時代、すなわち二十代の狩野派絵師「洞意」の作品と云われるものは, 極めて少なくほとんど伝わっていない。

力士図
大原女図
常盤御前図
七夕様図
紙雛図
笹に鮎図
福禄寿図
児島高徳図
楠正成図
松に鷹図
雲龍図
麦に雀図
蝶と少女図
加藤清正図
朝比奈奮戦図
明智左馬之助湖渡り図


 2.5 巻子


  2.5.1 鈴木主水図  14.0 x 269.0 cm 
           鈴木主水は内藤新宿の宿場女郎白糸と心中したと伝えられる武士で、
           その事件は流行唄や盆踊り唄でうたわれ、実録本もつくられた。

  2.5.2 土佐年中風俗絵巻  19.3 x 670.7 cm


 2.6 白描


「実録先代萩」
伊藤綱宗と高尾太夫
「奥州安達原」
三段目 安倍貞任
「箱根霊験躄仇討」
滝口上野と飯沼勝五郎
鵺退治
小野道風 馬師皇 三河万歳 雑兵首級 伯夷
「伽羅先代萩」
荒獅子男之助
「色彩間苅豆」
木下河堤の場
蜻蛉 夏の鴛鴦 雪中の鴛鴦
汐汲(松風) 猩々 猩々 鵺退治
富士山 「忠臣蔵」
斧定九郎
妹背山婦女庭訓」
御殿の鱶七
袈裟御前と
盛遠
鉄拐仙人
叔斉 蝦蟇仙人 太公望 太公望 人物

「日高川入相花王」
日高川の清姫
「一ノ谷」
熊谷次郎直実
「一ノ谷」
無官太夫敦盛

牧童

鶴仙人


 2・7 笑い絵


行水のぞき
(小襖)
岩戸踊り
(小襖)
岩戸踊り
(小襖)



放屁合戦図
(小襖)


夜這図
(小襖)

朝比奈三郎義秀(鎌倉時代の武将で木曽義仲の愛妾巴御前の子)
(小襖)

藪井竹庵(藪医者を擬人化したもの)
(小襖)

3.絵金についてもっと知りたいときは

      高知県立美術館  http://kochi-bunkazaidan.or.jp/%7Emuseum/
      絵金資料館  http://www.webkochi.net/kanko/sanpo26.php
      絵金祭り    http://kochinavi.jp/know/kj007/kj007h01.htm